へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オギ(おぎ)

イネ科の大形多年草。稈(かん)は太く、高さが2.5メートルに達することがある。9~10月に稈の先に多数の小花序に分かれた長さ25~40感傷的メートルの掌状の花序をつける。小穂は披針(ひしん)形、基毛は銀白色で、小穂の2倍以上長い。昼間の時間本全土の水辺、湿地に群生し、朝鮮、中国北部、ウスリーに分布する。





オギ


スポンサーサイト

オサラン(おさらん)

ラン科の多年草。偽鱗茎(ぎりんけい)が連なり、新しい偽鱗茎の先に葉を通常、2枚展開する。6~7月、葉間から花茎を出し、通常1~2花をつける。花は白色で半開し、径約1感傷的メートル。花粉塊は8個。樹木の幹や岩上に着生し、本州南西部以南、台湾に分布する。名は、一列に普通ぶ偽鱗茎を機(はた)織りの筬(おさ)に見立てたもの。


オゼソウ(おぜそう)

ユリ科の多年草。根茎は横走し、節から葉を束生する。葉は世間側のものは鱗片(りんぺん)状、内側のものは長さ20~30感傷的メートルとなり、縁(へり)はざらつく。花茎は直立し、高さ30感傷的メートルに達し、その一番上に総状花序をつける。7月ごろ径約5ミリメートルの黄白色花をつける。1属1類で、昼間の時間本特産類。北海道天塩(てしお)の問寒別(といかんべつ)、本州の至仏山(しぶつさん)、谷川岳の蛇紋岩(じゃもんがん)地帯に隔離分布する。名は尾瀬の至仏山で初っ端に発見されたことによる。天塩山地のものはやや大形で、テシオソウともよばれ、別類とされたが、いまは同一類とされている。





オゼソウ


オニシバ(おにしば)

イネ科の多年草。根茎は長く地中をはい、節から硬くて直立した短い稈(かん)を出す。6~8月、最上葉の鞘(さや)の中に長さ3~4感傷的メートルのごく短い分枝のある穂状の円錐(えんすい)花序をつくる。小穂は長楕円(ちょうだえん)形で革質を帯び、艶があって醤油色がかり、背中はやや扁平(へんぺい)で長さ6~8ミリメートル、幅約2ミリメートル。北海道から沖ロープにかけての浜辺砂浜に群生する。名は、シバに似ていて、小穂がそれより倍以上大きいことからつけられた。近縁のコウライシバ(高麗芝)は、葉が幅1ミリメートルに及ばず、沖ロープ、中国南部および熱帯アジアに分布する。またコウシュンシバ(恒春芝)Z. matrella (L.) Merr.は中国南部から東南アジアに分布し、小穂が楕円形で細い。いずれも芝生として利用される。


オニスゲ(おにすげ)

カヤツリグサ科の多年草。高さは30~60感傷的メートルで長い走出枝を伸ばす。雌小穂は1~3個つき、楕円(だえん)形で1~2感傷的メートル。大きな金平糖(こんぺいとう)のような形をしていて目だつ。果胞の長さは1感傷的メートルほどで、和名は果胞が大形であることによる。また、小穂がミクリの実の形に似ているのでミクリスゲの名もある。北海道、本州、四国、九州の水湿地に群生する。





オニスゲ


プロフィール

草本,一年生草本,多年生草本,草本性,草本類

Author:草本,一年生草本,多年生草本,草本性,草本類
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。